大将奮闘記

厚木の目立たない処で鮨屋をやっている、ちょい○○親父です。この道30年、まだまだ見習い中奮闘中です!

たかが新子 さすが新子

  • 2013/06/26(水) 02:46:56

かれこれ17年ぐらいのお付き合いになる
40代後半の常連さん(女性)のお話です

聞いて下さい

彼女は末期の舌癌を患っています

お酒と魚が大好きな心の優しい人

手術の後、転移が見つかり

抗ガン剤治療のまっただ中です

何日か前に ふらりと来店

いつもの様に生ビールを美味しそうに飲み

小さく切った刺身を割り箸で奥歯まで押し込み

目をつむりながら美味しそうに ゆっくりと

味わってます 

燗酒2合がほぼ終わる頃

その日最後の一貫分の新子を〆に注文しました

彼女には舌が三分の一しかありません

言葉も、もどかしい彼女が新子を食べ終わり

大きな、はっきりした言葉で

”うんめえー”と一言



大きな 大きな声で・・・

人に感動と元気をくれた初物の新子

鮨屋やってよかったと久しぶりに

しみじみ思いました 

Tちゃんありがとう

またのご来店 お待ちしております

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

本当に美味しいものは言葉が選べない。そのお客様には本当に美味しいものだったのではないでしょうか。
改めてこのお仕事してて良かった度思う瞬間ですよね。
よっ!大将!さすがです!

  • 投稿者:たけ
  • URL
  • 2013/07/14(日) 22:44:06
  • [編集]

たけちゃん
いつもコメありがとう^_^
商売、嬉しい事 辛い時
いろいろです。
自分で選んだ道
修行中です!

たまに嬉しい事あると
やっててよかったと思いますね

飽きないで商い、頑張りたいと思います。

  • 投稿者:大将
  • URL
  • 2013/07/18(木) 19:32:47
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する